会社紹介

ご挨拶

令和の飾り職人を目指して・・・

日本建築に使われる飾金物は古来より職人達が工夫を凝らし、その時代特有の模様や技法を生み出し、長い年月をかけて変貌してまいりました。
伝統とは単なる継承ではなく、技術革新を繰り返しながら、時代を超えて現在に残っているものです。何百年と続いてきた飾金物の世界。
それを継承・発展させ未来に繋げる。時代から時代へバトンタッチ。そう考えるとき、私どもは仕事に対する誇りと責任を感じます。現代には現代の模様や技法があってもいいはずです。
私どもは伝統を重んじながらも、新しい技術や製品を生み出し、創造的な飾職人、新時代のマイスターを目指して歩み続けます。

代表取締役社長 齋藤春樹

会社概要

商 号 株式会社アマルメ工芸社
所在地 山形県東田川郡庄内町常万字大乗向47-1
設立年月日 昭和48年1月9日(創業昭和23年4月)
資本金 1,800万円
要取引銀行 山形銀行 きらやか銀行 荘内銀行
業 種 建築用装飾品の製造・販売
一般金属工芸品の製造・販売
資 産 土地 9,557㎡(2,896坪)
建物工場、事務所計5,774㎡(1,749坪)
取扱品目 ○神社仏閣・一般建築用金属装飾品
金属製鬼飾り・家紋・垂木・隅木飾り・ 宝珠・ 破風飾り・鴟尾・鯱鉾・懸魚・扉飾り・擬宝珠・六葉・唄・柱飾り・宝輪・軒先飾り・その他各種装飾品
○金属工芸品
校章・社章・表札・各種銘板・看板文字・銅打出しサインボード・ その他各種金属工芸品
主要設備 焼付塗装ライン一式・自動シャー一式
シャー3台・プレス機7台・ベンダー1台
ハンダ付用ガス設備20台・超音波洗浄
設備一式・自動彫刻機1台
フライス盤1台・他
取引業者 仕入先 県内外50社
販売先 東北関東中心に全国200社
決算期 毎年12月31日(年1回)
社員数 32名
役 員 代表取締役社長 齋藤 春樹
専務取締役   齋藤 秀樹
監査役     齋藤 万喜子

会社沿革

 

昭和23年4月 現相談役 齋藤三郎が斎藤トタン店開店。建築板金業を個人創業
昭和46年11月 工場板金に業務内容変更
昭和48年1月 法人化 有限会社余目板金を設立
鬼飾をメインに建築関連の装飾品製造に業務内容を変更
昭和57年1月 現在地に工場を移転拡張
昭和57年8月 余目板金株式会社に組織変更
昭和60年1月 株式会社アマルメ工芸社に社名変更
社寺建築用装飾品の販売割合が増加
平成3年12月 代表取締役社長に齋藤進
会長に齋藤三郎が就任
平成4年2月 工場増築
平成8年12月 新工場(塗装工場・加工場・倉庫)社員厚生施設等拡張工事完成
平成21年1月 代表取締役社長に齋藤守
専務に齋藤春樹が就任
平成24年1月 代表取締役社長に齋藤春樹
会長に齋藤守
相談役に齋藤三郎が就任

 

交通アクセス


庄内空港から車で・・・・・ 20分
酒田駅から車で  ・・・・・ 20分
鶴岡駅から車で  ・・・・・ 30分
新庄駅から車で  ・・・・・ 50分
山形駅から車で  ・・・・・ 120分
余目駅から車で  ・・・・・ 5分